2011年04月23日

カンバン方式と災害

今日の毎日新聞7面に、トヨタについての報道

「部品供給『先読めない』」

という記事があり、

「在庫を持たない・・・カンバン方式の弱点を突かれた」

「裏目に出た」

とあるが、完全に間違ってる。

現状を回避するほど、在庫を持つという事は数ヶ月分持つ事になり、普通の会社でもあり得ないし、どんな会社でも潰れてしまうからだ。

家庭で言うなら、冷蔵庫を10台とか持って、一ヶ月分の食料をいつも持てというようなものだ。

今回の真の原因は

「キーパーツは特定の会社でしか造れない」

と言うことだ。

しかし、対策は難しい。

キーパーツだからこそ代替がきかないわけだし、キーパーツなしの製品は競争力がない。
パソコンみたいになる。

だからやれる事は、リスクヘッジとして、調達先を分散する事があるが、コストが上がるし、品質管理がしにくくなる。

トヨタは3次取引先まで把握してるらしいが、それはすごいと思う。普通、2次まで見れたら、上出来ではないか?

記者は素人だから仕方ないとも言えるが、やはりもっと勉強して欲しいし、上記の在庫の事ぐらい考えたら分かるだろうと思う。

ちなみに、カンバン方式はトヨタにとってもコスト改善の「手段」に過ぎない。

また、日本の多くの製造業に広く取り入れられている。
posted by macwin at 10:12| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネスと経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。