2005年09月12日

[ビジネスと経済] IT産業の発展はあなたを豊かにしない(はず)

 ライブドアの堀江氏のように、1990年代後半からIT産業なるものが台頭してきた。しかし、ITバブル崩壊などもあったようにIT産業は景気回復にあまり強い力を持っているとは言えない様に見える(素人なので分析してませんが)。

 これがなぜかについて考察してみる。

 IT産業というのは何か。

本質的には、情報技術の進歩による情報伝達の効率化だろう。分かりやすく言うと、

【前】 A社がB社にある情報を渡すのに、100人の人が事務作業をして10000円必要だった。

【後】 あるIT業者がAからBにある情報を渡すのに100円でできるようになり、人も2人でできるようにした。そして、A社に500円で売り込んで仕事を取った。

 というようなことだと考えられる。この場合、A社は100人を首切りしない限り得をしないので、リストラ等で人員削減する。

 そうすると、トータルで見ると、

  • 得をしたのはIT業者とその従業員2人とリストラしたA社
  • 雇用は100人→2人に縮小。
 

ということになる。つまり、この展開は、企業の業績は上がるが、雇用が減るので国民総所得が減って購買力が落ちてしまう構造にある。

 また、経済数値などはよく知らないが、仕事と言う観点で見ると、情報伝達コストを下げるというのは要するに手間賃を下げるだけなので、社会全体としてみると富を生み出しているとは言い難い(IT産業発展にともなう電子機器の増産は除く)。つまり何も生産はしていないわけだ。

 よって、IT産業の発展と言うのは、単に

「富が特定のグループや人たちに移動する」

という現象が起こっているだけと考えられる。

というわけで、何かを生産して生み出さない限り富は増えないのだから、IT産業が発展してもごくごく限られたビルゲイツみたいな人が富を独占するだけで、我々一般サラリーマンは、今後、ますます収入が下がっていく可能性が高いのである。

 ダイエーなどの高度経済成長を支えた旧タイプの金持ちを潰して堀江などを擁立する小泉政権が何を見ているのか皆さんにはよく考えて欲しい。

 
 
 
posted by macwin at 20:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスと経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。