2005年06月13日

[モノ作り] カンバン方式-1 究極の多頻度小ロット生産のシステム

 カンバン方式による在庫低減を進めてきて分かってきたこと、それは、カンバン方式というかトヨタ生産方式は、究極の多頻度小ロット生産のシステムであるということです。

 というのは、

  • 多頻度小ロット生産でないとカンバン方式のうまみは味わえない
  • 多頻度小ロット生産を簡単に管理するには多分カンバン方式がもっとも適している

と思われるからです。

 私は以前、生産管理システムによる在庫低減とか発注改善などに結構取り組んだのですが、まぁ、一言で言ってコンピュータでモノ作りを改善しようと言うのは基本的に無駄な努力だと思います。コンピュータの役目は実際のモノ作りの仕事をいかに邪魔しないか。これにつきると思います。

 と言うわけでこれから、しばらく、カンバン方式について書いていこうと思います。



posted by macwin at 23:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事と問題解決 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。