2004年03月18日

[書評・評論] 毎日新聞「発信箱」を読んで

 毎日新聞を愛読しているが、ニュース以外のコラムもよく読み、2面の発信箱も大体読んでいる。多くの著者は読んでも主張や現状把握がおかしかったり、適切であっても面白くなかったりするのだが、与良氏の時は安心して読める。

参考)関係あること、ないこと

 3/15(月)の氏の発信箱「『戒める』と言われても」を見てみよう。僅かな文章で、自民党のプロジェクトチームが憲法改正草案策定に向けてまとめたという報告書について論評されている。

 私自身はこの報告書を読んでないので事実確認はできていないが、主張は筋が通っていると思う。 氏によると、報告書には「誤った平和主義、人権意識への戒め」と書かれており、氏は

「まさか、「○○を戒める」と(憲法に)書くわけではなかろう。これをどう条文するのか。」

と誠に適切でもっともな指摘をされている。誤った平和主義や人権意識とは何かという議論以前の問題なのである。

 そして、氏は

「戒めなどという言葉が出てくる発想自体、狙っているのは「国の統制」ではないのかご私は疑うのだ。」

と指摘し、個人情報保護法が、民間の報道規制の法律にすり替えられたことを事例として挙げている。住基ネットや学校での日の丸、君が代の罰則を伴う「強制」になども考えるとこの指摘は恐らく正しい。

 そして、

「論点整理には、前文に「日本の目指すべき方向と理念」を盛り込むべきだとも書いてある。それが見えないから、私たちの国は今、混迷しているのではないのか。」

と批判している。

 与良氏の指摘だけをもとに自民党の報告書を読まずに正確な論評はできないのだが、指摘によると、要するに報告書は、

「報告書は本来、最初に整理、議論すべき我が国の目指すべき方向と理念を棚上げしている。内容的には実質、自民党が憲法を使って国民を縛ろうとする意思は明確。」

ということのようだ。
 これは家を建てることに例えて言うなら、建築会社が基礎をどうするかという大事なことをほったらかしにして、本来、お客様が決めるべき内装をどうするかばかり考えているようなものだ。

 よって、これが本当なら、自民党のプロジェクトチームは日本の方向性は実はどうでもよくて、国民を統制することに関心があると言えそうである。

 そして、そのことを喝破し、わずかな文章で指摘している、与良氏は優れた記者であると思う。
posted by macwin at 08:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。