2011年03月05日

初めてのロード:変速機

 チェーンリング、ディレイラー、スプロケットなどの変速機は、シマノのティアグラ以上にしたほうがいいでしょう。
ポダリングが主な用途なら、9速のティアグラで十分です。

 本格的に乗りたいなら、10速の105以上にしましょう。

ソラでもイイですがちょっと安物。2300シリーズは、8速ですから、お勧めはしにくいです。

 予算があれば、ブレーキと同様、105以上がいいです。

 と言うのは、後で、10速でないティアグラ以下から、105以上にレベルアップするのは、すごく金がかかるからです。前のチェーンリング、後ろのスプロケットだけではなく、STIレバー、場合によってはディレイラーなど、パーツ代だけで、多分5万ぐらいかかります。

 そうなると、最初から105にした方が経済的ということです。

ただし、10速はチェーンが薄いので、3000kmぐらい乗ったら交換した方が良いようです。

 9速以下なら、5000kmぐらいはいけます。通勤用ならティアグラで十分です。

 次に、ギヤ比ですが、前が50ー34tのコンパクトクランク、後ろは12ー25tのスプロケットが一般的です(数字は歯の数)。

 しかし、登りが多いとか、脚力に自信がない場合は、後ろのスプロケットを11-28tとか、12ー27tにするといいでしょう。レース目的で平地を高速走行するのなら、前を52-39tのノーマルクランクにしてもいいでしょう。





posted by macwin at 19:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。