2020年03月15日

日経平均と新型肺炎(6)

先週の日経平均とNYダウは歴史的な暴落でした。まず、3/9月曜日。次に3/12木曜日にさらに大幅に暴落。

日経平均は、一か月前は24,000円ぐらいでしたが、3/9 に19000円をあっさり割り込み、一時18,600円ぐらいまで暴落したと思ったら、3/12には一時は16,600円ぐらいまで落ちました。一か月前から実に7000円以上の記録的暴落。

81BC605D-9B62-4AA0-8EDF-9FC93681F9D3.jpeg

ダウも一か月で7000ドルぐらい暴落、暴騰して先週は3回の記録更新に、取引停止が3回も発生。

恐らく、個人投資家の大半は壊滅的な損失を出していると思われます。

さて、実体経済ですが、パンデミックになったおかげで、航空便が減便され物流が世界的に停滞し始めています。もはや中国と言う話ではなくなりつつあります。

観光業や飲食店も大きなダメージを受けており回復の目処が立たないでしょう。

そのため、経済はこれから大きく落ちていくはずです。3月決算の企業の業績が公表される5〜6月以降、株価はさらに落ちると思われます。

と言うか、株価どころではない経済恐慌にならないことを願います。

実体経済がダメージを受けているので、リーマンショックを上回る事態になる可能性がとても高いと思います。

それにしては、政府の対策ののろさと規模の小ささがひどい。2月に準備終わってるべきでしょう。財政出動も遅すぎるし、一桁足りないと思います。
posted by macwin at 21:10| 京都 ☁| Comment(0) | ビジネスと経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。